トラスト不動産投資顧問

平成30年3月7日
事務所移転しました。

[ 東京都中央区銀座一丁目7番5号銀座小柳ビル8F ]

COMING SOON…

旧サイトはこちら

トラストの売却3つのポイント

Point.1

会社選びがロスを抑える

査定が高くとも物件が売れなければ意味がない!あくまでインターネット上での見積もりは“仮査定”と捉え、現地へ赴いて無償で査定までおこなってくれる会社と付き合うことが、ロスのない売却の手順です。

Point.2

「営業力」にめぐまれているか

必要に応じてバランスを取る“舵取り”がそこにあるか。残債の支払いが厳しく、早期売却を検討しているとき、価格を落としすぎずに早期に売却したいことでしょう。そんな中、希望額で物件売却をうまくこなす有能な「営業」に出会えていますか?そのパートナーは、いったい日頃どんな会社に属しているでしょうか。会社がどこに拠点を持ち、どのような土地勘をもった営業をかかえているか、個々の専門性とチームとしてのフットワークは発揮されているものなのか、すぐに見直してみてください。

Point.3

どんな物件であっても、欲しい人がいます

多角的に出口戦略をとらえる。投資歴の長い人は、ポータルサイトを巡回するよりも、個々の仲介会社の情報に注目し、直接担当者に連絡をしています。そのほうが効率がいいからです。お客様のお持ちの物件に、値段の折り合いがつかず、物件をそのままにしているあいだ、よほどのことがない限り価格は下がってゆきます。一方その期間、投資家は新たな物件を探しており、物件の売却等の手をうたないのは目に見えない損失を出しているといえるでしょう。

ムダのない売却サポートを手に

柔軟な営業マン

柔軟な営業マン

早く売却したいときに、物件の売却価格は低くなりがち。土地勘があり、経験の豊富な営業マンがいれば、条件を調停する(たとえば瑕疵保険責任の有無など)ことで、条件に折り合いをつけて希望額に近い形で売却を運ぶことができます。

豊富な知識サポート

豊富な知識サポート

ごくまれに、不動産会社によっては、内示前に見切りで契約をしようとする会社もあります。相手の買主に内示が出ているかどうかをきちんと確認している不動産会社に頼み、契約の白紙解除を防ぎましょう。

偏りのない交渉力

偏りのない交渉力

手付金の設定額があまいと、安易に買主の契約解除を促すことになりかねません。かといって、あまりに高い金額では買主の負担が大きい。両者にとって適正で、かつ手堅い手付金の設定をおこないます。

トラストで売る
売却活動を始めるにあたり、まず「東日本不動産流通機構(REINS)」に登録します。指定流通機構に登録することにより、そのネットワークを通じて全国から買主を探すことができます。それ以外に総合不動産ポータルサイト、投資専門サイトへの登録や既存顧客様、メールマガジン会員様に情報提供を行い、当社から買主をお探しいたします。なお、当社では、他社と違い、広告の制限をせず、スピーディーに成約に向けた販売活動を行っております。
手数料について

お問い合わせはこちら